• 首都圏から大阪へは夜行バスが定番!

    首都圏から大阪まで夜行バスというと、狭い座席に押し込められてよく眠れず、翌日は使い物にならない、若いときは大丈夫だったんだけど…というイメージをお持ちの方も多いと思います。

    しかし最近の夜行バスは違います。

    以前は横4列シートが主流でしたが、今は横3列、場合によっては横2列という非常に豪華な車両が多く走っていて、バスに乗ること自体が目的になりそうなものもあります。
    一方で横4列シートの格安夜行バス便も健在です。



    特に便数の多い首都圏・大阪間、コストと快適さをてんびんにかけて、自分にとってのベストバランスを見つけやすいのでおすすめです。

    首都圏から大阪方面への夜行バスは、需要が多いだけにその便数も桁違いで、全貌を把握できないほどの路線があります。



    距離が比較的長いので横3列シートの車両が標準的で、鉄道会社系の伝統ある路線のほか、ツアーバスから最近鞍替えした「新高速バス」も多く走っています。
    豪華さを求めるなら、今、大阪方面へは「横2列シート」という超絶的な便が走っています。
    これで横幅が足りないと思う人はまずいないでしょう。


    前後の間隔も広いので、リクライニングをためらうこともありません。

    東京発でusjを初めて利用する方へ知っておいて欲しい基礎知識やオススメ情報をお教えます。

    1万円程度の運賃のことが多いようですが、ホテル代がかからず、新幹線より安く移動できることを考えればお得です。
    一方、横4列シートの格安の便は、時期によっては4000円台、あるいはもっと安い価格のこともあります。新幹線が約14000円ですから3分の1以下の運賃です。